×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



R25 (雑誌) リンク集

『R25』(アールニジュウゴ)は、リクルートが発行するフリーペーパー。2004年7 月1日に創刊した。首都圏30km圏内(東京、神奈川、千葉、埼玉の各一部)の主要鉄道駅、東京都心10区内のコンビニエンスストア・大手書店、ターミナル駅周辺の飲食店など合計約1950ヶ所に設置されたスタンドで無料配布されている[1]。 創刊時は毎週木曜日発行だったが、2009年10 月1日発行の250号より第1・3木曜日発行になった。

→→ ファンケルの口コミ →→ サントリーのプロポリス →→ 視力回復の方法 →→【保健師・求人・企業】

求人情報誌などを発行するリクルートが初めて手がけた総合週刊誌とされる(現在は週刊ではない)。発行部数は一都三県で50万部。誌名の「25」が意味する25歳から団塊ジュニア層の34歳までの男性という従来型総合週刊誌の購読者より若い年齢層をターゲットにして、政治や社会などの時事情勢の解説、著名人へのインタビューなどの記事で構成される。通常52ページと通勤時の電車内でちょうど読みきれる程度のボリュームで、各記事も一駅分ほどのコンパクトさにまとめる方針がとられている。 リクルートの社内新規事業提案コンテスト「RING」で、20代社員が提案し受賞した企画が事業化の出発点となったといわれる。求人や不動産などの物件広告を収益源とする事が多い同社の雑誌としては珍しく、俗にナショナルクライアントと呼ばれる大手広告主からの広告を収益源としているようである。初代の編集長は田中耕介、2代目は藤井大輔、現在は3代目の編集長を柿崎隆が担当している。 収入源として、通常の記事や広告以外に宣伝効果を狙ったタイアップ広告が多数掲載されている。また特集号として、一冊まるごと特定のテーマを特集した増刊号をしばしば発行している。

→→ 無添加のシャンプー →→ 草花木果の口コミ →→ FX ブログ

2006年3月6日には新社会人を対象にした同コンセプトの別冊誌として大学卒業者向けの『R22』と高校卒業者向けの『R17』が東京周辺の駅などで配布された。他にもボーナス時期に合わせた『+R25(ボーナスアールニジュウゴ)』や社内外のメディアやイベント等とタイアップした臨時増刊を配布している。これまでに発行された増刊は『MUSIC R25』『SOCCER R25』『オフモード R25』など。 これらの増刊は駅や隣接する施設に設置された大型ラックによる配布に限定されており、コンビニ等個店のラックでは配布されない。『+R25』は、記事でタイアップしているヨドバシカメラ等、通常は『R25』の配布を行っていない店舗等で配布される事がある。 2006年11月1日には女性向けに『L25』が創刊された。

→→ キャバ嬢 →→ おまとめローン →→ NYダウ →→ トラップリピートイフダン(トラリピ)戦略の検証

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 R25 (雑誌) リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4